なんでもSTUDY‘sブログ

不動産・投資・映画etc,,,どんなことでも紹介しちゃうブログです!

「燃えよ剣」:映画レビュー

 

岡田准一さん主演の燃えよ剣

鑑賞してきました。

 

客の入りは田舎の映画館なので、

座席の半分くらいが埋まっているようで、

お客さんの入りはボチボチ入っているのではないかと

思います。老若男女問わずといった感じです。

 

では早速レビューしていきます。

ネタばれも含まれてくるかもしれないので

注意してください。

 

なるべく本編に触れないように

書いていきます。

 

燃えよ剣」★★★★☆ 星4つ!

 

1.  ストーリー ★★★★☆

私自身、ポンポンとストーリーが進んでいく

リズムが非常に大好物なので集中してみることができました。

原田眞人監督の特徴で、セリフは早口、ストーリーも

めくるめく変わる展開が非常に面白かったです。

 

また前半は芹沢鴨が登場します。

この芹沢鴨は女好きとしてもかなり有名な人物で、

案の定、エロ要素も入ってきます。

(ちらっと胸が映るくらい)

 

正直、原田眞人監督でそういった描写が出てくるのも

珍しいなと思います。

少し彼女とみてて気まずかったです。

 

ストーリーとしては新撰組の基礎知識が無いと、

つまらないと感じてしまうしれません。

下記の内容を押さえておけば面白いと思います。

 

新撰組の成り立ち

土方歳三近藤勇沖田総司の人となり。性格など。

会津藩福島県)が登場する戊辰戦争について

 

以上の3つをざっとWikipediaなどで見ておくと

面白いです。

 

2.  アクション ★★★☆☆

いやもう流石、岡田准一といったところです。

各登場人物も殺陣はかなりの腕前でした。

山田涼介演じる沖田総司も、イメージ通りの、綺麗な殺陣でした。

アクションはどちらかといえばるろうに剣心」や「13人の刺客」のような

スピード感の溢れるものでした。

でも★三つの理由はもう少しアクションや戦闘シーンの要素が欲しかった。。。

せっかくかっこいい俳優たちがいるのに、もっとあっても良かったのかなと思います。

 

3. 演技力 ★★★★★

言うことなしです。

流石の俳優陣なので映画の中の臨場感、原田眞人監督、独特の映画館のリズムなど、

完全に新撰組でした。実際の新撰組もこのリズムで

隊を回していたら格好いだろうな。。。

特に池田屋事件を再現したシーンは鬼気迫る感じで臨場感もあり、

見ごたえのある内容でした。

ウーマンラッシュアワーの村本さんも彼独自の饒舌なせりふ回しが、

非常に良かったです。

これから先の原田作品に呼ばれるのではないでしょうか。

 

簡単なレビューでございましたが、

真面目一本のような内容だけではなく、

コメディ要素もしっかり取り入れていたので面白く見れました。

柴咲コウさんとの恋愛事情はもっと少なくて良かったかな。。。

でも物語の中盤のキーパーソンになっていたので、

絶対に外せない役回りだと思います。

 

歴史観全くのゼロの彼女はつまらなかったみたいです。

というのも歴史的な背景や誰がどれだけ有名な人物かも全くの

ゼロ知識で行ってますからそりゃガッカリするかもしれません。

(途中で寝ていました。。。)

 

何がともあれ私自身は満足のいく内容でした。

DVD化、若しくはサブスクで見られるようになったら

要チェックですね!

 

映画はやっぱり良いものですな。。。