なんでもSTUDY‘sブログ

不動産・投資・映画etc,,,どんなことでも紹介しちゃうブログです!

新卒で三年間勤めた会社を退職      ~ 当時の経緯② ~

~配属されてから~

念願の横浜支店に配属となり、気持ちを新たに頑張るぞっていう気持ちでした。

最初は怖い先輩にぶつかり、毎日が説教の嵐。

でも先輩の言っていることは常に正しく、今の自分があるのはその先輩のおかげだと思います。ですが本当に怖かった。

 

私は不動産の花形と呼ばれる「用地仕入れ」希望。

常にその事を意識して仕事に取り組んでいました。

 

ですが毎日、やる仕事は下記の通り。

・新築住宅の掃除

・パンフレットの作成(ファイルに閉じるだけ)

・説明書の作成(ファイルに閉じるだけ)

・決済の準備(ファイルに閉じるだけ)

・お客様への説明

 

正直、アルバイトかなって思いました。

日々が雑用の毎日でこんなんで給料を貰ってもいいのか。

先輩社員も同じような仕事内容で自分の将来が見えた気がしてしまいました。

 

だから私はステータスを変えるために、思いつく限り行動を起こしました。

道が分からなければ、自家用車で物件巡り。

仲介に他社の家の仕様を聞いたりして先輩に提案する。

仲介会社へ営業を掛けて情報を頂く。

 

私の同期も同じような行動をしていました。

すると先輩社員からのやっかみに遭う様になりました。

 

「どうせ仕入れ希望なんだろ」、

「こっちの仕事が出来なければ仕入れなんてできないよ」

「教えたって仕入れ行くからどうせ無駄でしょ」

 

もっといろんなことを言われました。

同期は日に日に苛立ちが溜まり、その先輩を無視したり極力、

会わないようにしていましたが、私はどうしてもその先輩が嫌いになれなかった。

 

なぜか。それはその先輩がめちゃめちゃできる人だったからです。

元ホテルマンということもあり気遣いや細かな違いにも直ぐに気付く。

素晴らしい方でした。普通に話してても良い先輩だったので、

最近は連絡が取れていませんが、私は未だにその先輩が大好きです。

 

そんな日を過ごして配属されて3か月目。

転機が訪れました。

 

~念願の用地仕入れに配属~

新卒の人間は最低三年以上の経験を積まないと、

用地仕入れになれませんでした。

ですが何故か私は、支店長より用地仕入れに抜擢されました。

私と同じ行動を起こしていた同期も同じ時期に用地仕入れになりました。

 

新卒入社で仕入れに上がったのは私とその同期の二人。

 

私は嬉しくなってバンバン営業を掛けてきました。

先輩に案件を渡せば金額を弾いてくれたのでバシバシ渡しました。

自分の数字にはなりませんが、実績として残ります。

修行中の身の上だということを意識して、めげずに案件をかき集めました。

 

そして念願の初契約。

 

仕入れに転向して1か月の事でした。

周囲の人間もびっくりしていました。私も( ゚Д゚)って感じでした。

この時は入社して良かったなぁと思った数少ない瞬間でした。

 

続く。。。