なんでもSTUDY‘sブログ

不動産・投資・映画etc,,,どんなことでも紹介しちゃうブログです!

新卒で三年間勤めた会社を退職      ~ 当時の経緯② ~

~配属されてから~

念願の横浜支店に配属となり、気持ちを新たに頑張るぞっていう気持ちでした。

最初は怖い先輩にぶつかり、毎日が説教の嵐。

でも先輩の言っていることは常に正しく、今の自分があるのはその先輩のおかげだと思います。ですが本当に怖かった。

 

私は不動産の花形と呼ばれる「用地仕入れ」希望。

常にその事を意識して仕事に取り組んでいました。

 

ですが毎日、やる仕事は下記の通り。

・新築住宅の掃除

・パンフレットの作成(ファイルに閉じるだけ)

・説明書の作成(ファイルに閉じるだけ)

・決済の準備(ファイルに閉じるだけ)

・お客様への説明

 

正直、アルバイトかなって思いました。

日々が雑用の毎日でこんなんで給料を貰ってもいいのか。

先輩社員も同じような仕事内容で自分の将来が見えた気がしてしまいました。

 

だから私はステータスを変えるために、思いつく限り行動を起こしました。

道が分からなければ、自家用車で物件巡り。

仲介に他社の家の仕様を聞いたりして先輩に提案する。

仲介会社へ営業を掛けて情報を頂く。

 

私の同期も同じような行動をしていました。

すると先輩社員からのやっかみに遭う様になりました。

 

「どうせ仕入れ希望なんだろ」、

「こっちの仕事が出来なければ仕入れなんてできないよ」

「教えたって仕入れ行くからどうせ無駄でしょ」

 

もっといろんなことを言われました。

同期は日に日に苛立ちが溜まり、その先輩を無視したり極力、

会わないようにしていましたが、私はどうしてもその先輩が嫌いになれなかった。

 

なぜか。それはその先輩がめちゃめちゃできる人だったからです。

元ホテルマンということもあり気遣いや細かな違いにも直ぐに気付く。

素晴らしい方でした。普通に話してても良い先輩だったので、

最近は連絡が取れていませんが、私は未だにその先輩が大好きです。

 

そんな日を過ごして配属されて3か月目。

転機が訪れました。

 

~念願の用地仕入れに配属~

新卒の人間は最低三年以上の経験を積まないと、

用地仕入れになれませんでした。

ですが何故か私は、支店長より用地仕入れに抜擢されました。

私と同じ行動を起こしていた同期も同じ時期に用地仕入れになりました。

 

新卒入社で仕入れに上がったのは私とその同期の二人。

 

私は嬉しくなってバンバン営業を掛けてきました。

先輩に案件を渡せば金額を弾いてくれたのでバシバシ渡しました。

自分の数字にはなりませんが、実績として残ります。

修行中の身の上だということを意識して、めげずに案件をかき集めました。

 

そして念願の初契約。

 

仕入れに転向して1か月の事でした。

周囲の人間もびっくりしていました。私も( ゚Д゚)って感じでした。

この時は入社して良かったなぁと思った数少ない瞬間でした。

 

続く。。。

 

 

今日の映画紹介             ~ランボー(主演:シルヴェスター・スタローン)

 

U-NEXTで視聴できる映画のご紹介です!

よくよく考えたら映画の本数22万本もあるんだから、

22万本分の記事を書いたらそれなりにでっかいブログになるんじゃない?

 

そんな労力ありませんが、コツコツ地道にやっていきます。

因みに今「ファンタスティックビースト」シリーズもU-NEXTで視聴できるので、

今度そのレビュー記事を書きますね。

 

ネタばれは極力しない方向で頑張ります!

 

ランボー(主演:シルヴェスター・スタローン)~

主演が「ロッキー」、「エクスペンタブルズ」シリーズでお馴染みの、

シルヴェスター・スタローンです。彼は70歳を超えた今でも、

筋肉ムキムキで脚本から出演までこなすスーパー俳優ですよね!

私もそうありたいと思うばかりであります。

 

~あらすじ~

今日もなるべく1行であらすじを書いていきますね。では!

ベトナム帰還兵がイジメ・嫌がらせにキレて大暴れする話」

 

そりゃもう大暴れです。気持ちいいくらいに大暴れです。

当時の上司の手が付けられないくらいに(笑)

 

ある種の戦争映画とみても良いかと思います。

当時のベトナム戦争がいかに悲惨な戦争だったか、

戦争で死ぬだけが戦争ではないということを痛感するような映画となっております。

 

~映画の小話~

ランボーの世界はベトナム戦争での「傷」を負った人間が、

どれだけの思いで生きてきたかをまずは知らなければなりません。

戦場の話は「プラトーン」、「地獄の黙示録」、「フルメタルジャケット」等で、

知ることができます。ですが戦後の目に見えない傷。「心の傷」を負った戦争映画は少ないのでは、無いでしょうか。

そういった違う視点から見てもこの映画はとても勉強になるお話です。

 

因みに有名な話ですが、作中にランボーが落下した際に腕をケガするシーンが、

あるのですが、この傷は実際にできた傷なのです。

シルヴェスター・スタローン自身が、「この傷は使える!」と判断し、

大量出血している自分の腕を縫っているシーンがあります。

 

とんでもない俳優魂です!

 

是非是非ご覧になってみてください!

 

 

DCコミックスの映画観るなら<U-NEXT>

 

 

新卒で三年間勤めた会社を退職      ~ 当時の経緯① ~

 

私の自己紹介をご覧になった方もいらっしゃるかと思いますが、

私は現在27歳。今年で28歳になります。

うつ病持ちで定職といった定職に就かず、今はのんびり暮らしています。

 

その私が新卒で入社した会社を退職した経緯について記載していきたいと思います。

前半と後半の2部に分けて記載しますね。

 

~まずはじめに~

私は某大手建売会社に入社しました。

デザインをとても大切にする会社で、業界では珍しく、

1棟を大切に、プロジェクトチームを作って仕入れから販売までワンストップで

行う会社でした。もちろん大手なので一部上場企業です。

 

当時22歳で新卒入社を果たした私は、元から不動産志望だった、、

訳ではありませんでした。当時の私は今も変わらないですが、

「人から感謝されるような仕事」に就きたいと考えていました。

 

その中でも当時入社した会社は、1棟に対する熱いこだわりを持って、

施工している面でとても輝いて見えたのを覚えています。

 

~入社してから~

まず入社したら研修を行いますよね。

その研修で我々、新卒に課されたのは「社訓」を覚えることでした。

これも大声で言わなくてはならない。

また私は当時、遠方に住んでいたために片道2時間半かけて、

研修所のある「荻窪」まで通っていました。

 

交通費は2万円まで支給。

対してかかる交通費は6万円でした。

4万円が新卒の少ない給料から引かれることとなっていたのです。

まぁ分かった上で入社してるので文句はありませんでした。

後日、特例で全額支給になりました。

 

上記の内容から一部上場企業にしては違和感を感じ始めました。

そんな会社だから入社する新卒も質が悪い。

 

例えば研修中に飛び込み営業を行い、用地仕入れ案件を、

かき集めるのが課された課題だったのですが、

同期たちは、漫画喫茶、喫茶店、レストラン、映画、、

中には風俗に行っている馬鹿者もいました。

 

同期たちがそんな状況とは露知らず、

私は一心不乱に仕入れ案件をかき集めました。

全ては希望の配属先に配属されるために。

 

つまり当時の私はやる気に満ち満ちていたんですね。

 

ですが同期の殆どはそのことにも目もくれず、

同期間でセ〇レになったり、先輩社員に色目使ったりと、

まぁ自由にやっていたようです。

 

また会社の研修では、同業者のやり方を真似して、

宅建研修なるものが開かれました。

テストもありますが、カンニングの嵐。

 

同業他社は高学歴の人間を多く雇っている為、

まず頭の良さの出来が違う。エリート集団です。

 

一方で我々は、三流大学出の馬鹿者ばかり。

勝負になりませんよね。

 

社長からも宅建の結果を知った際は、

とんでもない「檄」が飛んだのは言うまでもありません。

 

そしていよいよ、配属になります。

→後半へ続く

 

 

映画観るなら<U-NEXT>

ゲームレポート  ~三国無双empires8~

~はじめに~

私はゲームが大好き!

その中でも歴史系のゲームが大好物で、

今日はスイッチ版の「三国無双empires8」について紹介したいと思います!

 

三国無双には2つの種類があります。

簡単に違いを述べると下記の通り。

猛将伝劉備曹操孫権など有名武将のストーリー性を重視。

②empires:オープンワールド形式で戦略性を重視

 

①の猛将伝は歴史の勉強になると共に、歴史のストーリーに準拠した内容になっている為、ゲームへの没入感があります。また、グラフィックもきれいでカッコいい武将、可愛い女性キャラが際立っております。

 

一方で②のempiresに関しては、「信長の野望」の様な徴兵をして軍事力を高めたり、商業開発で金を稼いだり、農業開発で兵糧を貯めたりと戦に向けての戦略を、考えながら進めるゲームといったところでしょう。

 

~empires8の操作性~

操作性は問題ありません。

何より戦を起こすための下準備として、上記の開発を行い、

兵糧を貯めて、兵を起こして戦を仕掛けるといった準備が必要になります。

その為、物語の進行としてはプレイヤーの采配次第で、

物語の進行度が変わりますので、順次戦略を考えてプレイしなくてはなりません。

 

~キャラクターの種類~

操作できるキャラクターは50人以上!

それぞれアクションも異なり、プレイヤーの好みに合ったアクションを

楽しむことができます。また猛将伝では一般キャラで操作できないキャラも、

グラフィック化して操作出来るようになっており、より一層の楽しみ方があります。

 

~ゲームの小話~

各ゲームのロード時間に武将の歴史的な背景や小話が記載され、

ロード時間も飽きさせない工夫がございます。

 

一つ共通項であげるとすれば、、、

「武将たち、責任取らされて処刑されすぎ」

 

また、今回のempiresに関しては、一般の雑魚武将も操作が出来るようになっている為、下剋上を狙いうことも可能です。

 

また武将は交流を深めたりスカウトすることによって、

数を増やすことができ、これをサボると自分の陣営からいなくなるというシステムが

採用されています。その為、ゲーム上に関わらず部下に気を使わなくてはいけないという面白い設定になっています。

 

 

~よりゲームを楽しむには?~

何といっても映画を観ることが一番でしょう!

レッドクリフpart1/part2」私が三国志を知るうえで最も、

親しみやすく面白い映画です。

主演は金城武トニー・レオン、リン・チーリン(EXILE:AKIRAの奥さん)、

そして脇役として中村獅童が出演しており、日本人の我々でも十分に楽しめる作品です。またアクションや策略を張り巡らせ、敵を罠に貶めるシーンも痛快そのもの!

こちらはU-NEXTで観れるので是非、ゲームのプレイ前にご覧くださいね!

 

 

DCコミックスの映画観るなら<U-NEXT>

朝から映画紹介 ~グレートウォール~

グレートウォール(主演:マット・デイモン

今日は電車の中でも読めるように、

簡単に映画紹介をしますね!

 

私が紹介する映画は全て、

「U-NEXT」で視聴できるものですので、

31日間の無料トライアルにぜひ参加してみてください!

 

 

~あらすじ~

今回もコンパクトかつ分かりやすくあらすじを記載しますね!

「中国・万里の長城に到来する謎の生物を殲滅する話」

もうこれしか思いつきません。

 

~豆知識~

主演は「ボーン・アイデンティティー」、「オデッセイ」等で名をはせた、

マット・デイモン

彼は一流の傭兵でありながら、弓の名手といった役どころで

出演します。

 

この映画は世界的に見ると「駄作」という評価を受けています。

「何でこんな映画に出てしまったんだ」と世界的な批判が飛び交った作品です。

近年、中国の映画は着々と力を伸ばしていますし、ある意味、

「助っ人外国人」的な役回りで出演を決めたのでしょうね。(持論)

 

ですが映画のCGにはかなり目を見張るものがあります。

私は「大勢vs大勢」の作品が大好きなのでこれは私にとってハマった映画の一つです。

またアクションやカメラワーク、万里の長城のスケール等は、

どれも圧倒するものであります。

(作品の中でうら若き乙女たちが死んでいくのは辛かった。。。)

 

~ちょっとした小話~

そんなマットデイモン。

なんとレストランのチップは数十万円もの金額を、

置いていくそうです。

やっぱりハリウッド俳優になるとスケールが違いますね!

 

ではでは!

 

 

U-NEXTって実際のところどうなのよ   ~加入してみて分かったこと~

 

今回は動画配信サービス「U-NEXT」に

実際に加入してみてどうだったのかを、

記載していきます。

 

そもそもU-NEXTに加入したのは、

リモートワーク(月収10万円)が閑散期に入り、

暇になったことなんですよね。

 

何かやることも無いし、資格勉強の隙間隙間で拝見できるものは、

無いかと思い、思い切って加入してみました。

 

今回はそのメリット・デメリットをなるべく簡単に記載していきますね。

 

メリット

①豊富なラインナップ

②雑誌も読めちゃう

③月に漫画2冊分のポイントを無料配布

④アダルト系も充実

 

 

デメリット

①金額が高い(月額2300円程)

②ポイントも課金制

③見放題では見れないものがある

④データ量が重い

 

~メリットを詳しく~

簡単に記載しましたが、まずはメリットについて。

豊富なラインナップには邦画・洋画・ドラマ(海外含む)等でなんと、

22万本以上の種類があります。

私の場合は映画が好きなので毎月DVDを三本買っていたのですが、

これで簡単に元が取れちゃいます。

 

さらに雑誌も週間現代などのちょっとエロチック要素が入ったものから、

雑貨、ファッション誌まで随時読み放題となっている為、隙間時間、

通勤時間に手軽に読めるようになっています。

 

ポイントも毎月無料分が配布されるので、

読みたかった漫画や映画などに回すことができますね。

 

またここからが本題「アダルト系」がとても充実しているのです!

世の男性諸君や最近だと女性も見ている方が多いというこの系統!

 

ただ一つ、アダルト系はアプリでは見ることができません。

これもある意味安心かもしれませんね。

必ずブラウザでネットを開き、「その他♡」という項目を、

クリックして観ることができます。

 

また大画面で楽しみたい方は、PS4などでも鑑賞できるので、

アダルト系、ドラマ、映画を大画面で見ることができます。

 

~デメリットを詳しく~

デメリットとして、一番大きいのはやはり「金額」の面ではないでしょうか。

月額約2,300円は年間にすると27,600円これを安いとみるか、

高いと見るかはあなた次第です。

 

と、言うのも例えば、

レンタルビデオで借りたら?

映画館で映画を鑑賞したら?

映画を購入してみたら?

 

かかる費用は毎月だと3万円を超えるケースが殆どかと思います。

私の場合は毎月3本3,000円の映画を購入していました。

年間で加算すると36,000円。年間で36本しか映画が購入できないのに、

 

U-NEXTならば22万本で27,600円。

 

どっちがお買い得か、、、分かるかと思います。

しかもエッチな動画も見れますしねwww

 

月額の負担が高いと思われがちな「U-NEXT」。

現在31日間の無料トライアル中ですので試しに加入してみては如何でしょうか!

GW休み中の暇つぶしにでもいかが??

 

 

 

「SPEC~警視庁公安部公安第5課未詳事件特別対策事件簿」



今日はリモートワークにも飽きてきたところなので、(月収10万円ですし、、、)

懐かしき日本の国内ドラマを見ていました。

 

今日見たドラマは、

「SPEC~警視庁公安部公安第5課未詳事件特別対策事件簿」です。

 

加瀬亮さんと戸田恵梨香さんがW主演を務めるこのドラマですが、

今を時めく若い俳優たちが沢山、出演しているドラマまでもあります。

 

あらすじを超簡単に書きますね。

 

「人間の能力を最大限に生かしたSPECホルダーと呼ばれる超能力者たちが、日本を巻き込んでクーデターを巻き起こす話」

 

いわば日本版「HEROESと言ったものでしょうか。

ですがこのドラマに出演している超能力者たちは、ヒーローではありません。

 

日本の転覆を図る超能力者たちを止める「加瀬亮戸田恵梨香」といった役柄ですね。

ギャグ要素がかなり多いドラマで、「トリック」等の様々なドラマの登場人物が、

モブとして出演するようなドラマです。

 

加瀬亮さんが私は大好きでこの方の「筋肉バカ」と言われるほどの、

演技も見ものです。彼は私の押しの俳優の一人ですが、

過去の出演作だと「硫黄島からの手紙」、「アウトレイジ」等の

話題作にも数多く出演しており、その出演するドラマや映画で数々の、

実績を残している俳優になります!

 

今回は私はU-NEXTで拝見しましたが、

アマゾンプライムでも放送されているので、ぜひ見てみてくださいね!